【ワインの品種のご紹介】~シャルドネ~

2021.01.17

ワイン世界中で製造されており、様々な品種や銘柄がありますよね。
なんとなく赤ワイン、白ワイン、スパークリングくらいは知っていても細かい品種に関しては知らない方が多いのではないでしょうか?
今回は「シャルドネ」についてご紹介させていただきます。
シャルドネとは

<シャルドネとは?>

ワインにおける品種というのは材料となるブドウの品種になります。
シャルドネは白ワインの製造に使用されるブドウの品種で、「白ワインの女王」と呼ばれるほど世界各地で幅広く生産されています。
シャルドネはフランスのブルゴーニュ地方が原産の白ブドウで、白ワインの原料としてはかなりメジャーな品種です。

<どんな味?>

このシャルドネの特徴ですが、特にブドウとしての特徴的な風味がありません。
ただ、様々な気候、環境に対応することができるため、ワインを生産している国ではほとんど栽培されており、
その土地の気候や土壌の性質、栽培方法、醸造方法によって味わいや香りが異なります。

涼しい地方ではキレのあるスッキリとした味わいに、温暖な気候で育った場合は果実のようなトロピカルない味わいになる傾向があります。
また、醸造方法によってもナッツのような香りがしたり、さわやかな味わいになったりもします。
同じシャルドネでも生産された地域や醸造方法によって様々な味わいと楽しめるのが魅力ともいえますね。

<どこで栽培されている?>

それでは、シャルドネを生産している主な国を紹介します。

フランスブルゴーニュ地方

先ほど紹介しました通りシャルドネの原産地になります。
他にもシャンパーニュ地方でも栽培されています。シャンパーニュ地方ではスパークリングワインが有名です。

アメリカカルフォルニア州

温暖な気候が特徴のカルフォルニアのシャルドネワインはトロピカルな味わいが特徴です。

チリ

低価格帯のワインとして日本にも広がっており、国別の輸入量もトップレベルです。
安価なイメージがありますが、高品質なプレミアムワインもあります。
栽培地域は、国土が南北に細長いため、地域によっても特徴が異なります。

ROTIでは世界各国の様々なワインをご用意しております。
ROTIのドリンクメニューはこちら
シャルドネはもちろんのこと、サイトに記載していないワインもございますので、ご興味のある方は是非一度足を運んでみてください。
皆様のご来店お待ちしております。

お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

050-5269-7904
ネット予約は24時間受付
ネット予約はこちら
【公式】bar a vin ROTI ロティ|丸の内二重橋スクエア地下1階のフレンチ鉄板ビストロ

【公式】bar a vin ROTI ロティ|丸の内二重橋スクエア地下1階のフレンチ鉄板ビストロ

住所

東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル 地下1階

アクセス

東京メトロ千代田線「二重橋前<丸の内>」駅、
都営三田線・東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」駅、
JR京葉線他「東京」駅 地下接続(予定)

有楽町駅から302m

営業時間

※しばらくの間、日曜日は休業となります※
(日曜日が連休の中日の場合連休最終日をお休みになります)

月~金
11:00~15:00
17:00~23:00(22:00 L.O)


12:00~22:00 (21:00 L.O)

日・祝
12:00~21:00 (20:00 L.O)

定休日
日曜日は定休日になります